効果よりも副作用が怖い!!プロペシアとミノキシジルの併用で変な病気とか起こらない?

プロペシアとミノキシジルの併用について詳しく調べると副作用の影響どころか、むしろ相乗効果を発揮しよりAGA治療に有効な方法ということが判明!

 

成分を詳しくみていくとプロペシアにはフィナステリドと呼ばれる抗アンドロゲン薬の一つが含まれていて、この成分の作用は男性型ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する2型5aリダクターゼを阻害する作用があります。

 

一方、ミノキシジルは男性型ホルモンへの作用はなく、血液の活性や拡張に使われている成分。
これらの2つの成分を併用してもまったく結びつかない成分のため、影響がないということがわかります。

なぜこの2つの薬を併用した方がよいの?

それぞれの成分の作用についてはご紹介してきましたが、なぜAGA治療を行う上で両方が必要かというと簡単に言えば「抜け毛防止」と「発毛効果」の両方を担っているということ!

 

それぞれ片方だけの作用が働いても髪の毛が増えて薄毛改善ということにはなかなか結びつきません。
しかも短期的な服用ではなく長期的な服用を必要としていて、少なくとも半年、長い場合は一年以上たたないと効果が出ないと言われています。

 

しかも効果が出た後も継続して服用する必要があり、もし、服用を止めてしまうと徐々にAGAが再び進行してしまうということに!

 

この2つの成分は、医学的にも薄毛改善の効果が認められていますから、あとは継続的な服用を考えていかに安く買うか、ということも重要なポイント!

 

そういった点では、オオサカ堂は安く販売されていて、おすすめの通販サイトの一つです。