男性ホルモンの抑制は3割!?プロペシアの口コミから分かるホントの効果とは?

プロペシアの効果については是否を問う意見が多く飛び交っています。
血管を拡張する働きや血行促進する働きはプロペシアにはありません。

 

そのためAGAの進行を防ぐ効果はあるにしても髪の毛の成長に必要なタンパク質の生成や血液中の栄養素が不足して髪の毛が細くなったり抜け落ちてしまうということは、やはり服用中であっても起こることです。

 

実際にプロペシアを開発したアメリカでもプロペシアのみで男性ホルモンを抑制するのは難しいと言われていて、プロペシアの服用と共に血行促進などを行い、発毛促す必要があると90年代の発売当初から発表済み。

 

そのため、プロペシア単体のみで服用している人の中には「効果を感じられない」といった意見や、「頭髪の改善が見られない」などという口コミが飛び交ってしまうことも。

 

プロペシアを販売している製薬会社自体が男性ホルモンの抑制は3割程度と発表していることからも完全に薄毛の原因であるジヒドロテストステロンを防ぐのはプロペシアだけでは厳しいというのが現状。

 

この状況を打破させるためにはやはり、プロペシアだけではなく血行促進成分が含まれたミノキシジルも併用しないと薄毛改善には効果が見られないでしょう。

 

薄毛改善に本格的に取り組むならプロペシア単体ではなく、ミノキシジルも併用して継続的に最低でも半年から1年以上は服用しないと効果は見られないということが口コミからも分かります。

 

両方の医薬品をセットで安く販売しているオオサカ堂なら継続的に服用しても経済的負担は小さくて済むでしょう。